カテゴリー:真田忍者

  • 角田新右衛門【真田家に寝返った斎藤家の忍者】

     角田新右衛門(つのだしんえもん)は、1563年9月中旬に武田信玄より命じられて岩櫃城を攻略していた真田幸隆や軍監として参加していた武藤喜兵衛昌幸(真田昌幸)に関連する忍者として知られる。  この時、真田幸隆は…
  • 真田十勇士とは~真田十勇士の一覧リスト

    真田十勇士とは戦国時代に、真田幸村に付き従ったとされる10人の家臣です。 とは言え、物語の創作上の人物です。 ただし、何人かは実在の人物をモデルにしていると考えられています。 真田十勇士の起源は、講談を書籍にし…
  • 出浦盛清【出浦昌相】(出浦対馬守盛清)とは~出浦昌相の最期は

    出浦盛清(出浦昌相) 出浦盛清(いでうらもりきよ)は、村上氏の一族で更級郡村上村の出身。 2016年の大河ドラマ「真田丸」では出浦昌相(いでうらまさすけ)の方の名前が採用されて、俳優の寺島進さんが演じる。 出浦…
  • 横谷幸重と横谷重氏とは【佐助の兄なのか?】

     横谷幸重(よこや-ゆきしげ)は、通称を横谷左近と言い、真田忍者として知られる。  父は横谷惣右衛門。弟に横谷惣左衛門幸秀と、横谷庄八郎重氏がいる。  もともとは雁ヶ沢城を本拠とする土豪で、真田昌幸・真田…
  • 壺谷又五郎~真田昌幸の忍者

     壺谷又五郎(つぼや-またごろう)は、真田太平記に登場する忍者の頭目。  もとは武田晴信に仕えたと言う伊那の忍びで、上州攻略の際に、真田昌幸が武田勝頼から借り受けたのが、この忍びの壺谷又五郎である。  真…
  • 唐沢玄蕃 真田家の忍者

       真田家の忍者とした仕えた唐沢玄蕃は、初代と2代目と同じ名であるため、両方の唐沢玄蕃を紹介したい。 初代・唐沢玄蕃  生年は不詳。はじめは、信濃・沢渡の地侍で吾妻・岩櫃城主の斉藤憲次に仕えていた。唐…
  • 奥村弥五兵衛(奥村光親) 真田家の忍者

      奥村弥五兵衛(おくむらやごべえ)、奥村弥五兵衛光親(みつちか)、奥村光親は、1552年生まれの真田家の草の者。  奥村弥五兵衛(奥村光親)の父・弥介は甲賀出身の忍びで武田信玄に仕えており、その後、真田昌幸の忍者…
  • 姉山甚八 真田家の忍者

     姉山甚八(あねやまじんぱち)は、真田家の草の者。  すなわち忍者である。  おなじ草の者である女忍・お江や、奥村弥五兵衛らと共に、甲賀の山中に潜入。  山中忍びの牛原の茂兵衛と戦うと、甲賀の飛苦無を肩に受けて…
  • 猿飛佐助とは【真田丸の佐助】上月佐助・横谷庄八郎・三雲佐助賢春 実在の人物か?

    真田十勇士の猿飛佐助(さるとびさすけ)の出自は、信濃・鳥居峠の麓に住んだ「鷲尾佐太夫」という郷士の息子で、本名は井辺武助と言う人物が真田十勇士での設定だ。 鳥居峠の麓と言えば、真田幸隆発祥の真田の里となる。 上田…
  • 真田家の忍者家臣・真田忍者とは (真田昌幸編)

     真田家の強さは、なんといっても情報収集に秀でた忍者です。  真田の里は信濃修験道の聖地である「四阿山」を背後に控え、古くから山伏との関係がありました。  そんな忍者を多数採用していたと言われる真田昌幸の真田忍者をご…

最新記事

  1. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  2. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  3. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
ページ上部へ戻る