カテゴリー:真田家臣

  • 湯本善大夫とは 湯本三郎右衛門とは 草津温泉の地侍

    湯本家とは?  草津温泉の土豪・湯本善太夫が、湯本家の長であったが、1563年5月、長野原の戦いを機に武田信玄に出仕。  1563年9月、真田幸隆(51歳)が吾妻郡の岩櫃城を攻めると、湯本善太夫を重んじ、岩櫃…
  • 矢沢頼綱とは 武勇名高い真田家のつわもの

     1553年に生まれた矢沢頼康の父は、真田幸隆の弟・矢沢頼綱。  父・矢沢頼綱は一時期、岩櫃城代・沼田城代を勤めた程の真田家にあっては信頼置ける一門衆であった。  父・矢沢頼綱の正室は根井清雲の娘だが、矢沢頼…
  • 猿飛佐助とは【真田丸の佐助】上月佐助・横谷庄八郎・三雲佐助賢春 実在の人物か?

    真田十勇士の猿飛佐助(さるとびさすけ)の出自は、信濃・鳥居峠の麓に住んだ「鷲尾佐太夫」という郷士の息子で、本名は井辺武助と言う人物が真田十勇士での設定だ。 鳥居峠の麓と言えば、真田幸隆発祥の真田の里となる。 上田…
  • 筧十蔵  真田十勇士に登場も実在した真田家臣

     真田十勇士に登場する「筧十蔵」は実在した人物(モデル)がおり「筧十兵衛」と言う小姓が真田幸村に実際に仕えたとされている。  ※上記画像出典:真田幸村の日の本一の独り言より    筧十兵衛は、1573年、真田家臣の…
  • 望月六郎とは 真田家家臣・真田十勇士

     望月六郎の別の名は、望月幸忠、望月六郎兵衛幸忠、望月卯左衛門幸忠などがある。  真田家に仕えた真田忍者とされ、真田十勇士の一人。  望月太郎左衛門の長男として、1572年?に望月六郎が誕生したものと考えられ。 …

最新記事

  1. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  2. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
  3. 鉢形城

    真田父子が攻略に参加した「鉢形城」~歴史・構造・整備状況~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めの際、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は、「松井田城」(群馬県…
ページ上部へ戻る