カテゴリー: 真田家臣

宮ノ下藤右衛門【真田家の家臣】

 宮ノ下藤右衛門(みやのした-とうえもん)と言う名が、戦国武将・真田家の家臣として見受けられます。 宮ノ下家は佐久郡宮ノ下村を知行していた村上義清の家臣だったようですが、武田信玄によって村上義清が越後へ逃亡すると、そのあと武田家臣となり信濃...

真田昌幸の家臣一覧表リスト

 真田昌幸の主な家臣一覧リストです。譜代の城主 ・矢沢頼綱(沼田城:叔父)  ・常田隆家(常田城:従兄弟)  ・丸子三左衛門(丸子城) ・禰津元直(禰津城・滋野一族)  ・恩田越前守(森下城) ・鈴木主水(名胡桃城)   ・大戸真楽斎(手子...

富沢豊前守【富澤豊前守】と望月主人

 富沢豊前守(富澤豊前守)は、富沢出羽守の次男。生没年などは不詳。 次男でありながら武勇を誇ったようで吾妻七騎の旗頭として、長篠の戦い、沼田城攻略戦、対北条戦など真田昌幸の配下しとて参加。 一軍の将ではないものの、武勇伝ある猛者であり、真田...

大戸真楽斎とは?~手古丸城主【大戸城主】

 大戸真楽斎(おおと-しんらくさい)の本姓は浦野氏で、信州の滋野氏の一族であり、手古丸城主(大戸城主)であった。 岩櫃城主・斉藤憲広の妹を正室に迎え入れ、羽尾氏と鎌原氏の領地争いでは、斉藤氏・羽尾氏に荷担して、鎌原氏と争った。 その後、真田...

恩田越前守と恩田伊賀守~沼田衆

 恩田家は、上野・沼田庄恩田(群馬県沼田市)の土豪で、1561年の段階では沼田衆に、恩田孫五郎・恩田与右兵衛尉の名がみえ、上杉謙信の支配下に加わっていたとみられる。 1579年に北条氏政が沼田城を領国としたが、その後、武田勝頼の命を受けた真...