八重(伊東八重)の知っておきたい重要ポイント【鎌倉殿の13人】配役・新垣結衣さん

「八重(伊東八重)の知っておきたい重要ポイント【鎌倉殿の13人】配役・新垣結衣さん」のアイキャッチ画像

八重とは

2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にて俳優の新垣結衣さんが演じられる「八重」(やえ)に関して解説申し上げます。
八重は平安時代末期から鎌倉時代初期の女性で、伊豆・伊東荘の領主である伊東祐親の娘(3女)、伊東八重となります。
一般的には「八重姫」と呼ばれますが、実在しなかった可能性もあり議論はわかれるところです。


スポンサーリンク


よく知られる話としては下記の通りになります。
源頼朝が伊豆に流罪となった際に、最初は伊東荘にて伊東祐親が監視役だったと考えられます。
その伊東祐親が大番役(警護)のため京に滞在している間に、源頼朝と八重は恋仲となり男子を儲けました。
源頼朝が最初に結婚した女性ともされますが、子の千鶴御前が3歳になった時、京から戻った伊東祐親の知る所となります。
伊東祐親は、源氏の子を自身の娘が産んだことが平氏に知られると非常にマズイため、家人に命じて千鶴丸(千鶴御前)を松川の轟ヶ淵(稚児ヶ淵)に沈めて水死させました。
大河ドラマにてこの実行役の家来は善児と言う名で登場し、伊東祐親は娘の八重には、走湯権現(伊豆山神社)に出家させたと説明しています。
また、伊東祐親は源頼朝の命を狙ったため、次男・伊東祐清らは走湯権現に逃れさせたあと北条荘北条時政のもとへ逃げさせました。
その一方、八重(八重姫)は伊東家に仕える江間小四郎に嫁がせたとされます。
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ではこの再嫁した説を採用していますが、嫁ぎ先は「江間次郎」である説をとっています。
また、八重は三浦氏に嫁いだと言う話もあるため、そのあたりも含めて、うまい解釈にて三谷幸喜さんの脚本が作られているようです。


スポンサーリンク


ひとつスゴイ解釈なのは、源頼朝が鎌倉に入ると八重は三浦氏の屋敷に住みながら、大蔵御所(最初は仮御所)へと出勤して女中として働くところです。
ドラマにおいて八重の夫となった江間次郎は、1180年に源頼朝が挙兵して鎌倉に入ると、伊東祐親から妻・八重を殺害するように命じられます。
しかし、八重を逃がそうとしたため、命を受けた家人・善児が江間次郎を殺害したので、北条義時が八重を三浦義澄に預けると言う流れになります。、
そして最終的に八重は、江間荘に入った江間四郎(北条義時)の妻(側室)となり、嫡男・北条泰時を産むと言うドラマ展開になっております。

ただし、吾妻鏡などの史料において、北条泰時を産んだ北条義時の妻は「阿波局」(あわのつぼね)ですが、八重と言う女性の名前は吾妻鏡では一切登場しません。
また、この阿波局の本当の名前は不詳ですので、どんな女性だったのか?誰の娘かも出自不明なのですが「鎌倉殿の13人」では、八重=阿波局と言う解釈にて創作されるようです。
もちろん、八重が3代執権となる北条泰時の母であったと言う可能性も、まったくないとは言い切れませんので、そうだったのかも知れませんが、なんとも言えないところです。
しかし、時代劇はあくまでもドラマ番組ですので、そのあたり自由に描くことができます。

なお、北条義時の正室格は、姫の前と言いますが、同じように御所にて働いていた女性であり、北条義時が見初め、約1年かけて恋文を送り続けたとされます。
これと似たようなシチュエーション(状況)を、八重に適用させる模様です。

ポイント

ポイントとして念のため明記致しますと、源頼朝と離された八重の伝承しては、江間氏に嫁いだ以外に下記のようにいくつかあります。

・八重は源頼朝の子・千鶴丸(千鶴御前)を産むも伊東祐親によって殺害された
・源頼朝は北条荘に逃れて北条政子と結婚した

その後の八重は・・・。

・八重は命を絶った
・三浦氏に嫁いだ生き延びた
・北条荘を訪ねるも源頼朝が北条政子と結婚していたのを知り川に身を投げた

など。

いずれにせよ、新垣結衣さんが演じられる八重は、今回のドラマでヒロインとなりますので、丁寧におもしろく描かれる事でしょうから、とても楽しみなところです。
なお、新垣結衣さんは、鎌倉殿の13人撮影後は、アメリカに渡るとの報道もあり、俳優として最後に出演になるかも?ともされます。


スポンサーリンク


伊東市には源頼朝と八重姫が会っていたと言う音無神社
八重姫が亡くなった千鶴丸を祀ったとされる最誓寺
伊豆の国市には、北条荘を訪ねて命をだった八重姫を祀る真珠院(八重姫様供養堂)があります。

源頼朝の知っておきたい重要ポイントを簡潔に1分でわかりやすく【鎌倉殿の13人】
【北条義時】なにをした人?抑えておきたい要点ポイント【鎌倉殿の13人】小栗旬さん
北条政子の本当の名前は不明?その理由を簡潔に解説(鎌倉殿の13人)