真田幸村の愛刀とは?【妖刀村正】真田信繁と徳川家に由縁ある刀


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 真田信繁(真田幸村)が愛用していたと言われる「刀」は「村正」とされています。
 初代「村正」だとされていますので、ここでは「文化財」としてご紹介させて頂きます。

 簡単に申し上げますと、日本刀の場合には、その刀鍛冶、すなわち刀を作った人の屋号のような名称が、刀の名称となります。
 真田信繁(真田幸村)の刀を作ったのは、伊勢・桑名の刀鍛冶で、別称は千子村正(せんじむらまさ、せんごむらまさ)と言います。

 2代目を継いだ者も、同じ「屋号」を称する事が多い為、その場合、2代目なら「2代・村正」と呼ばれます。

 スポンサーリンク


 なお初代・村正は、濃州の赤坂左兵衛兼村の子とされ、赤坂千手院鍛冶で修業したと伝わります。
 他国の刀工と同様に、戦国時代に流行った美濃伝の刀工作もあり、坂倉関の正吉・正利・正善などと技術的な交流もあったものと推測できます。
 しかし美濃伝だけではなく、大和伝と美濃伝、相州伝を組み合わせた実用性の高い脇物も見受けられます。

 「村正」の銘は、代々受け継がれましたが、真田幸村が愛用していたと言う事からか、徳川家が忌避する「村正」の帯刀を、大名や旗本が避けるようになったため、4代目以降は「千子」に改称したと言われています。
 ただし、これは徳川家康が特に村正を集めていた為とも考えられており、そのため、他家の武将は恐れ多いと村正を控えたとも?

 なお、村正の刀は、徳川家には縁が深いです。

 徳川家康の祖父・松平清康が、家臣の阿部正豊に刺殺された短刀は「村正」です。
 徳川家康の父・松平広忠が片目弥八によって殺害された時の刀も「村正」です。
 徳川家康の嫡子・松平信康が、織田信長の命によって切腹となった際に、介錯した服部正成の刀も「村正」。
 徳川家康の正室・築山殿が、小藪村で野中重政によって殺害された時も「村正」です。
 そして、真田幸村が大坂夏の陣で徳川家康本陣を急襲した際に、徳川家康を目がけて投げたと伝わる刀が「村正」と言うのです。


妖刀村正

 なお、真田幸村の愛刀は村正ではなく「正宗」であり、脇差は「貞宗」が作った物とする説もあります。

 しかし、実際の真田幸村は「槍の名手」として知られており、漫画などでも「槍」を持った姿で描かれることが多いのは皆さまご承知の通りです。
 そうです。十文字槍ですね。
 ただし、大阪夏の陣にて徳川家康の本陣に迫った際には「薙刀」であったと言われております。

 とは言え、真田幸村も武将ですので、刀も所持していた事には間違いありません

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

Twitter

 スポンサーリンク

各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

徳川家康 豊臣秀吉 井伊直虎 西郷隆盛 大久保利通 島津久光

戦国らいふ

戦国浪漫グッズ

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

陣羽織はオーダーメイド
陣羽織オーダーメイド

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
ページ上部へ戻る