タグ:真田家

  • 真田大八【片倉守信、真田守信】生き残った真田幸村の次男

    真田大八は、1612年、真田幸村(真田信繁)の次男として、九度山で生まれた。幼名が大八。 母は正室・竹林院(安岐姫)とされていますが、この真田大八に関してもひとつの説としてご紹介する。 1614年、大阪冬の陣では…
  • 沼田城の見どころと小松姫の墓を偲ぶスポット~沼田城訪問記・写真集

     沼田城(ぬまたじょう)は、1532年に沼田顕泰が築城し、以後、沼田家の拠点となりました。  河岸段丘の台地上となる標高約400mの丘城であり、沼田駅は標高約330mですので、比高は約70mとなります。  沼田氏の先…
  • 名胡桃城~なぐるみじょう~名胡桃城奪取事件と小田原征伐

    名胡桃城(なぐるみじょう)が最初に築かれたのは、1492年に沼田城主・沼田景久の時代とされます。 3男である、名胡桃景冬(名胡桃三郎景冬)が沼田城の支城として築城し、その子・名胡景夏が継承しました。 (さらに&he…
  • 阿梅【おうめ】とは? 真田幸村の娘・お梅のその後

    1604年生まれとされる阿梅(おうめ)は真田幸村の娘で、母は高梨内記の娘・采女(うめね)とも言われる。 ※采女とは高梨内記と言う武将の事を差しているとも推定されていますし、母親に関してはもちろん諸説あります。 こ…
  • あぐり【あくり】~真田幸村の娘の生涯は?

     あぐりは真田幸村の4娘として誕生しました。  母は正室。竹林院ですが、あぐりの生没年は不詳です。  母の説では、高橋内記の娘説もあるようです。 (さらに…)…
  • 別所温泉の外湯「石湯」真田幸村の隠し湯

     長野県にある別所温泉の外湯「石湯」をご紹介致します。  この石湯は、小さな外湯ですが、なんと「真田幸村の隠し湯」と言う触れ込みになっております。  ちょっと調べて見ましたら、池波正太郎さんが著作した「真田太平記…
  • 小松姫の墓~芳泉寺に眠る小松姫

     真田昌幸が築いた上田城から西へと約10分ほど歩くと「芳泉寺」があります。  上田城から向かう経路からご紹介したいと思います。 (さらに…)…
  • 真田武者行列 上田真田まつり(1)攻略法・写真集

     毎年4月下旬の日曜日に開催される、信州上田の真田家にまつわるお祭り「上田真田まつり」のレポートです。  たくさんの写真と、裏技とまでは申しませんが、ちょっとした攻略法・駐車場情報などと合わせて、ご参考までにご紹介させ…
  • 信州上田・真田の里紀行 観光所要時間ルートなどご紹介

     詳しい解説やみどころ・ポイント、アクセスや場所・行き方などの地図や駐車場情報などはリンク先にてご紹介致しております。  上田や真田の里を訪れる際のご参考になさって頂けますと幸いです。 上田城  上田の最大…
  • 真田信尹【真田隠岐守信尹】の生涯

      真田信尹(さなだのぶただ)は、真田幸隆の4男として1547年?に誕生した。  母は正室・河原隆正の妹・恭雲院。  兄に真田信綱、真田昌輝、真田昌幸がいる。  なお、真田昌幸と歳が同じであることから、母は側室…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

真田信繁 真田昌幸 小松姫と真田信之 豊臣秀吉 石田三成 淀殿 徳川家康 坂野惇子
戦国らいふ

戦国浪漫グッズ

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

陣羽織はオーダーメイド
陣羽織オーダーメイド

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
ページ上部へ戻る