タグ:真田家

  • おかねと石川貞清(石川光吉)~元・犬山城主

     石川貞清(いしかわ-きよさだ)は、美濃出身の兄・石川一光の一族と言われ、石川光重の子ともあるが詳しくは分からない。  豊臣秀吉の使番である金切裂指物使番として、1590年の小田原攻めにて功績を挙げた。  初名は石川…
  • 高梨内記と娘きり【真田信繁の側室】

    高梨内記は真田昌幸の家臣で、九度山に幽閉された際に、同行した家臣16人の1人です。 (さらに…)…
  • 天王寺・岡山の戦い~真田幸村最後の雄姿

    大阪冬の陣での最後の戦いである「天王寺・岡山の戦い」。 いわば、戦国時代の終焉ともされる戦国最後の戦とも言えるだろう。 豊臣勢は前日の戦いで、後藤又兵衛・木村重成・薄田兼相・塙直之など多数の勇将を失い、1615年…
  • 龍岸寺~甲斐にて幕末まで存続した真田一族に縁ある古刹

     山梨県の長坂にある徳雲山龍岸寺は、真田一族である真田隠岐守信尹の墓所なのですね。  この真田信尹は、真田幸隆の4男とされています。  すなわち、真田信綱、真田昌輝、真田昌幸の弟となります。 (さらに&helli…
  • 常田隆永と常田俊綱と常田隆頼そして常田作兵衛

     常田隆永(ときだ-たかなが)の父は諸説有、真田頼昌、海野棟綱、海野幸義などがある。  海野棟綱の3男とする説になると、武田信玄に仕えた真田幸隆が兄であり、常田隆永は常田家に養子として入った。  なお、矢沢頼綱よ…
  • 真田大助とは~真田幸昌とも言う真田幸村の嫡男

    真田幸昌(さなだ-ゆきまさ)は、1601年7月24日に真田幸村(真田信繁)の嫡男として九度山にて生まれた。通称は真田大助。 母は竹林院(大谷吉継の娘)と推定されているが、生年は1600年~1603年と諸説ある。 祖父…
  • 真田信政とは【第2代の松代藩主】

    真田信政(さなだ-のぶまさ)は、真田信之の次男として1597年11月に生まれた。 母は本多忠勝の娘である小松姫。 関ヶ原の戦いの際に、徳川家の人質として江戸城に送られている。 この時、徳川家康は真田信之の忠義に…
  • 真田信吉とは~真田信之と真田信綱の娘との間に生まれた長男

    真田信吉(さなだ-のぶよし)は、真田信幸(真田信之)の長男として、1595年に生まれた。 母は、この当時正室であったとも考えられる真田信綱の娘(清音院)。 この母は、のちに真田信幸が本多忠勝の娘・小松姫を迎えた際に、…
  • 小野お通【小野於通、小野通】戦国時代に名を残す謎多き京の才女

     大阪夏の陣の際、江戸藩邸にた真田信之は、真田幸村(真田信繁)ず討死したとの報を受ける。  その後、真田信之が沼田城に戻った際、鈴木忠重(鈴木右近忠重)が、京都の小野のお通から預かったとされる、真田幸村(真田信繁)の遺…
  • 真田幸村★真田信繁ゆかりの地【一覧リスト】観光に便利な情報も

    真田幸村(真田信繁)に関する、ゆかりの地を一覧表にしてみました。 みどころ・ポイント、アクセスや場所・行き方など詳しい情報・地図や駐車場情報などはリンク先にてご紹介致しております。 ご訪問なさる際の参考になさって頂け…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

徳川家康 豊臣秀吉 井伊直虎 西郷隆盛 大久保利通 島津久光
戦国らいふ

戦国浪漫グッズ

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

陣羽織はオーダーメイド
陣羽織オーダーメイド

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
ページ上部へ戻る