タグ:真田丸

  • 飯島市之丞【飯嶋市丞】とは

     1583年閏正月29日には、丸子城の戦いにおける真田昌幸からの感状が見受けられる。  1585年8月8日なは、御料所の百姓が年貢減免を訴訟した際に、検見の上談合して納入分が減少しないよう対応せよと、真田昌幸からの…
  • 滝川一積とは【真田家を助けた滝川家の浪人】

    滝川一積(たきがわ-かずあつ)は、織田信長の家臣・滝川一益の長男である滝川一忠の子として1576年に生まれた。幼名は三九郎。 ※1583年生まれとも?滝川一績とも。 1584年、小牧・長久手の戦いで、滝川一益と子…
  • なぞの真田源八郎?

     真田幸村が大阪の陣にて徳川家康勢と戦った際の譜代衆に「真田源八郎」なる武将の名が見受けられます。  この真田源八郎は1585年生まれとされますが、真田幸村が入った大阪城に入りました。 (さらに……
  • 真田幸村【真田信繁】の妻と子供たち一覧表

    真田幸村の妻と子・娘は下記の通りです。 正室・竹林院(大谷吉継の娘) ※妹婿である浅井内蔵之助の娘が、大谷吉継の養女になって嫁いだとも? 女子:あぐり(あくり) - 蒲生郷喜の室 長男:真田大助(真田幸昌) …
  • 高梨内記と娘きり【真田信繁の側室】

    高梨内記は真田昌幸の家臣で、九度山に幽閉された際に、同行した家臣16人の1人です。 (さらに…)…
  • 真田大助とは~真田幸昌とも言う真田幸村の嫡男

    真田幸昌(さなだ-ゆきまさ)は、1601年7月24日に真田幸村(真田信繁)の嫡男として九度山にて生まれた。通称は真田大助。 母は竹林院(大谷吉継の娘)と推定されているが、生年は1600年~1603年と諸説ある。 祖父…
  • 真田幸村★真田信繁ゆかりの地【一覧リスト】観光に便利な情報も

     真田幸村(真田信繁)に関する、ゆかりの地を一覧表にしてみました。  みどころ・ポイント、アクセスや場所・行き方など詳しい情報・地図や駐車場情報などはリンク先にてご紹介致しております。  ご訪問なさる際の参考になさっ…
  • 三井景国・三井覚左衛門景国・三井奉膳 真田幸村の家臣

     三井景国(三井覚左衛門景国、三井奉膳、みついかげくに)は、はじめ真田昌幸に仕えた譜代の家臣。  三井家は、真田幸隆の叔母が三井家に嫁したことから、真田家とは親戚となり、真田氏家紋の「六文銭」を用いている。 …
  • 5分でわかる真田信繁【真田幸村】ワシが徳川殿に対抗した生涯を皆の衆に語ろう

     真田信繁にござる。江戸時代からは真田幸村?とも呼ばれているようじゃが、まぁ、ワシはどちらでも良いぞ。  さて、いつもは「こっち」で出没する機会が多いのじゃが、今回は特別に遠路はるばるやってきたでござるよ。 …
  • 真田信繁と大河ドラマ【真田丸】真田幸村とは、その実像は?

     真田信繁(真田幸村)は真田昌幸の次男である。  戦国時代には多くの武将が後世に名を残しているが、その多くは「長男(嫡男)」である。  理由は簡単だ。  家督を継ぐのは世襲制であり、よっぽどな事が無い限りは長男に継…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

真田信繁 真田昌幸 小松姫と真田信之 豊臣秀吉 石田三成 淀殿 徳川家康 坂野惇子
戦国らいふ
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る