タグ:大阪夏の陣

  • 樋口四角兵衛【樋口角兵衛】とは? 真田太平記

     樋口角兵衛(ひぐち-かくべえ)は、樋口鑑久(樋口下総守鑑久)の子で、母は久野と言う。  この母・久野は、真田昌幸の正室である山手殿の妹とされる。  甲斐の甲府にいた際には、向かってきた暴れ馬を押しつけたという逸…
  • 常田隆永と常田俊綱と常田隆頼そして常田作兵衛

     常田隆永(ときだ-たかなが)の父は諸説有、真田頼昌、海野棟綱、海野幸義などがある。  海野棟綱の3男とする説になると、武田信玄に仕えた真田幸隆が兄であり、常田隆永は常田家に養子として入った。  なお、矢沢頼綱よ…
  • 真田大助とは~真田幸昌とも言う真田幸村の嫡男

    真田幸昌(さなだ-ゆきまさ)は、1601年7月24日に真田幸村(真田信繁)の嫡男として九度山にて生まれた。通称は真田大助。 母は竹林院(大谷吉継の娘)と推定されているが、生年は1600年~1603年と諸説ある。 祖父…
  • 真田信政とは【第2代の松代藩主】

    真田信政(さなだ-のぶまさ)は、真田信之の次男として1597年11月に生まれた。 母は本多忠勝の娘である小松姫。 関ヶ原の戦いの際に、徳川家の人質として江戸城に送られている。 この時、徳川家康は真田信之の忠義に…
  • 真田信吉とは~真田信之と真田信綱の娘との間に生まれた長男

    真田信吉(さなだ-のぶよし)は、真田信幸(真田信之)の長男として、1595年に生まれた。 母は、この当時正室であったとも考えられる真田信綱の娘(清音院)。 この母は、のちに真田信幸が本多忠勝の娘・小松姫を迎えた際に、…
  • 真田信之【真田信幸】とは?詳細版で詳しくわかる吉光のお長持

    真田信之(さなだ-のぶゆき)は、武藤喜兵衛(真田昌幸)の嫡男として1566年に生まれた。幼名は源三郎。 母は山手殿。 父・武藤喜兵衛は、真田幸隆の3男であったことから、武藤三郎左衛門尉の養子となっており、騎馬15…
  • 三井景国・三井覚左衛門景国・三井奉膳 真田幸村の家臣

     三井景国(三井覚左衛門景国、三井奉膳、みついかげくに)は、はじめ真田昌幸に仕えた譜代の家臣。  三井家は、真田幸隆の叔母が三井家に嫁したことから、真田家とは親戚となり、真田氏家紋の「六文銭」を用いている。 …
  • 真田大八【片倉守信、真田守信】生き残った真田幸村の次男

    真田大八は、1612年、真田幸村(真田信繁)の次男として、九度山で生まれた。幼名が大八。 母は正室・竹林院(安岐姫)とされていますが、この真田大八に関してもひとつの説としてご紹介する。 1614年、大阪冬の陣では…
  • 阿梅【おうめ】とは? 真田幸村の娘・お梅のその後

    1604年生まれとされる阿梅(おうめ)は真田幸村の娘で、母は高梨内記の娘・采女(うめね)とも言われる。 ※采女とは高梨内記と言う武将の事を差しているとも推定されていますし、母親に関してはもちろん諸説あります。 こ…
  • あぐり【あくり】~真田幸村の娘の生涯は?

     あぐりは真田幸村の4娘として誕生しました。  母は正室。竹林院ですが、あぐりの生没年は不詳です。  母の説では、高橋内記の娘説もあるようです。 (さらに…)…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

徳川家康 豊臣秀吉 井伊直虎 西郷隆盛 大久保利通 島津久光
戦国らいふ

戦国浪漫グッズ

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

陣羽織はオーダーメイド
陣羽織オーダーメイド

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
ページ上部へ戻る