タグ:九度山

  • 真田大八【片倉守信、真田守信】生き残った真田幸村の次男

    真田大八は、1612年、真田幸村(真田信繁)の次男として、九度山で生まれた。幼名が大八。 母は正室・竹林院(安岐姫)とされていますが、この真田大八に関してもひとつの説としてご紹介する。 1614年、大阪冬の陣では…
  • 阿梅【おうめ】とは? 真田幸村の娘・お梅のその後

    1604年生まれとされる阿梅(おうめ)は真田幸村の娘で、母は高梨内記の娘・采女(うめね)とも言われる。 ※采女とは高梨内記と言う武将の事を差しているとも推定されていますし、母親に関してはもちろん諸説あります。 こ…
  • あぐり【あくり】~真田幸村の娘の生涯は?

     あぐりは真田幸村の4娘として誕生しました。  母は正室。竹林院ですが、あぐりの生没年は不詳です。  母の説では、高橋内記の娘説もあるようです。 (さらに…)…
  • 奥村弥五兵衛(奥村光親) 真田家の忍者

      奥村弥五兵衛(おくむらやごべえ)、奥村弥五兵衛光親(みつちか)、奥村光親は、1552年生まれの真田家の草の者。  奥村弥五兵衛(奥村光親)の父・弥介は甲賀出身の忍びで武田信玄に仕えており、その後、真田昌幸の忍者…
  • 真田昌親【真田昌幸の4男】九度山でも交流

        真田昌親(さなだまさちか)は、1583年に生まれた真田昌幸の4男(3男とも?)。通称は内匠。  母に関しては某氏としかなく詳細は不明。  元服すると信濃内村郷平井村に住んだようで、1600年、関ヶ原の戦…
  • 九度山とはどんなところ 真田庵・真田屋敷

     九度山は、高野山への入口にあたる北谷にある。  北側に紀ノ川の流れを望み、高野山の東北を繞って、紀ノ川へと注ぐ丹生川を見下ろす「丘」の中腹に、真田屋敷があった。    上田城にいた際の居館とは比べ物にならないが、…
  • 5分でわかる真田信繁【真田幸村】ワシが徳川殿に対抗した生涯を皆の衆に語ろう

     真田信繁にござる。江戸時代からは真田幸村?とも呼ばれているようじゃが、まぁ、ワシはどちらでも良いぞ。  さて、いつもは「こっち」で出没する機会が多いのじゃが、今回は特別に遠路はるばるやってきたでござるよ。 …
  • 池田綱重・池田長門守綱重 真田家の家臣

     池田綱重(いけだつなしげ、池田長門守綱重)は真田昌幸の家臣で、砥石城代を務めた時期もあったと言う。  真田昌幸の話によると「真田家随一の奇襲の名人」とされ、徳川勢との第一次上田城の戦い(上田合戦)では、池田綱…
  • 真田信繁と大河ドラマ【真田丸】真田幸村とは、その実像は?

     真田信繁(真田幸村)は真田昌幸の次男である。  戦国時代には多くの武将が後世に名を残しているが、その多くは「長男(嫡男)」である。  理由は簡単だ。  家督を継ぐのは世襲制であり、よっぽどな事が無い限りは長男に継…
  • 根津甚八とは  禰津小六・浅井井頼がモデルの真田十勇士

     根津甚八さんと言うと、どうしても、著名な俳優・根津甚八さんを連想する方も多いかと存ずるが、ここでは真田十勇士の根津甚八についてご紹介したい。  真田十勇士に登場する根津甚八(ねづじんぱち)の姓は、滋野三家(海…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

真田信繁 真田昌幸 小松姫と真田信之 豊臣秀吉 石田三成 淀殿 徳川家康 坂野惇子
戦国らいふ
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る