カテゴリー:真田家臣

  • 塔原幸貞【海野幸貞】とは

    塔原幸貞(とうばら-ゆきさだ、海野幸貞、海野三河守幸貞)は、海野輝幸の4男で、正室は矢沢頼綱の娘であり、真田昌幸とは従兄弟にあたる。 真田昌幸の進言により、武田勝頼から塔原家の家督を相続することが認められ、信濃先方…
  • 白倉武兵衛とは~武田家臣から真田家に仕えた武将

     白倉武兵衛(しろくら-ぶへい)は、1547年生まれの武田家の家臣で、1564年に箕輪城攻めの際、真田幸隆が武田信玄に使いを出した武田家武将として白倉武兵衛の名が見られる。  武田勝頼の自決後、白倉武助(父か?)と…
  • 沼田城の見どころと小松姫の墓を偲ぶスポット~沼田城訪問記・写真集

     沼田城(ぬまたじょう)は、1532年に沼田顕泰が築城し、以後、沼田家の拠点となりました。  河岸段丘の台地上となる標高約400mの丘城であり、沼田駅は標高約330mですので、比高は約70mとなります。  沼田氏の先…
  • 名胡桃城~なぐるみじょう~名胡桃城奪取事件と小田原征伐

    名胡桃城(なぐるみじょう)が最初に築かれたのは、1492年に沼田城主・沼田景久の時代とされます。 3男である、名胡桃景冬(名胡桃三郎景冬)が沼田城の支城として築城し、その子・名胡景夏が継承しました。 (さらに&he…
  • 鎌原幸定・鎌原幸重・鎌原重澄・鎌原重春・鎌原重宗ら鎌原氏

      鎌原幸定(かんばらゆきさだ)は、真田家の祖・真田頼昌の子で、真田幸隆の弟。  海野棟綱の3男とする説もある。官途は大和守。  その後、上野吾妻郡の海野氏の一族である三原城主・鎌原幸政(鎌原修理亮幸政)の養子と…
  • 金子泰清【金子美濃守泰清】真田家臣

     金子泰清(かねこやすきよ)の官途は美濃守、通称は新左衛門。  生没年は不明であるが、利根郡追貝村(沼田市利根町追貝)の名主であったとされ、妹(又は娘)が沼田顕泰が寵愛した側室となると、沼田家の家臣に加わったようで…
  • 海野輝幸 真田家の家臣

    内容更新につき、下記に統合致しました。 →海野輝幸(海野能戸守輝幸)とは?~沼田城代として活躍した武将…
  • 池田綱重・池田長門守綱重 真田家の家臣

     池田綱重(いけだつなしげ、池田長門守綱重)は真田昌幸の家臣で、砥石城代を務めた時期もあったと言う。  真田昌幸の話によると「真田家随一の奇襲の名人」とされ、徳川勢との第一次上田城の戦い(上田合戦)では、池田綱…
  • 相木森之助 真田家の家臣・真田十勇士

       相木森之助(あいきもりのすけ、相木盛之助、相木幸雄)は、武田家の一族・加賀光経(加賀美四郎)の家臣。  加賀美四郎の腹心であったとされるため、筆頭家老と推定でき、真田三代記では勇者として登場する。  賀美…
  • 根津甚八とは  禰津小六・浅井井頼がモデルの真田十勇士

     根津甚八さんと言うと、どうしても、著名な俳優・根津甚八さんを連想する方も多いかと存ずるが、ここでは真田十勇士の根津甚八についてご紹介したい。  真田十勇士に登場する根津甚八(ねづじんぱち)の姓は、滋野三家(海…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

真田信繁 真田昌幸 小松姫と真田信之 豊臣秀吉 石田三成 淀殿 徳川家康 坂野惇子
戦国らいふ

戦国浪漫グッズ

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

陣羽織はオーダーメイド
陣羽織オーダーメイド

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
ページ上部へ戻る