カテゴリー:真田家関連

  • 飯島市之丞【飯嶋市丞】とは

     1583年閏正月29日には、丸子城の戦いにおける真田昌幸からの感状が見受けられる。  1585年8月8日なは、御料所の百姓が年貢減免を訴訟した際に、検見の上談合して納入分が減少しないよう対応せよと、真田昌幸からの…
  • 滝川一積とは【真田家を助けた滝川家の浪人】

    滝川一積(たきがわ-かずあつ)は、織田信長の家臣・滝川一益の長男である滝川一忠の子として1576年に生まれた。幼名は三九郎。 ※1583年生まれとも?滝川一績とも。 1584年、小牧・長久手の戦いで、滝川一益と子…
  • 平原幡繁と清光院【真田昌幸の6娘】

     平原幡繁(平原和泉守幡繁)は1520年生まれとされる。  平原城主(有利小屋城主)で、1549年に上田原の戦いで敗れた武田晴信に反旗を翻して、村上義清から500の援軍を受けて籠城している。  そして、9月2日に武田…
  • 真田幸村【真田信繁】の妻と子供たち一覧表

    真田幸村の妻と子・娘は下記の通りです。 正室・竹林院(大谷吉継の娘) ※妹婿である浅井内蔵之助の娘が、大谷吉継の養女になって嫁いだとも? 女子:あぐり(あくり) - 蒲生郷喜の室 長男:真田大助(真田幸昌) …
  • 大谷吉治とは~名将・大谷吉継の跡取りも大阪の陣にて豊臣勢として討死

    大谷吉治(おおたに-よしはる)は、大谷吉継の子として1581年に生まれた。母は不明。 大谷吉継の弟か養子だとする説もある。 名前については大谷吉胤、大谷吉勝の説がある。官位は大学助。 (さらに…)…
  • 田村宗顕と片倉定広【田村定広】と阿昌蒲(菖蒲)

     田村宗顕(たむら-むねあき)は、田村氏顕の子として1574年に生まれ、その後、伯父・田村清顕の養子となった。  この叔父・田村清顕の娘には愛姫がおり、1579年、12歳の頃、伊達政宗に嫁いでいる。  その後、158…
  • 堀田作兵衛と梅【大河ドラマ真田丸】~堀田興重とすへ・阿菊(お菊)

    2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」に登場する、真田家の家臣・堀田作兵衛と、その娘・梅に関しても追記し更新致しました。 堀田作兵衛興重(堀田興重)は真田家の家臣。 堀田作兵衛(堀田興重)の娘は、一般的には真…
  • おかねと石川貞清(石川光吉)~元・犬山城主

     石川貞清(いしかわ-きよさだ)は、美濃出身の兄・石川一光の一族と言われ、石川光重の子ともあるが詳しくは分からない。  豊臣秀吉の使番である金切裂指物使番として、1590年の小田原攻めにて功績を挙げた。  初名は石川…
  • 天王寺・岡山の戦い~真田幸村最後の雄姿

    大阪冬の陣での最後の戦いである「天王寺・岡山の戦い」。 いわば、戦国時代の終焉ともされる戦国最後の戦とも言えるだろう。 豊臣勢は前日の戦いで、後藤又兵衛・木村重成・薄田兼相・塙直之など多数の勇将を失い、1615年…
  • 歴史人「本能寺の変」特集は大変素晴らしかったです2015年7月号

     月刊誌「歴史人」2015年7月号を購入致しました。 (さらに…)…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

真田信繁 真田昌幸 小松姫と真田信之 豊臣秀吉 石田三成 淀殿 徳川家康 坂野惇子
戦国らいふ
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る