於きた【於北殿・於北様】~真田信綱の正室?


スポンサーリンク
スポンサーリンク

於きた(於北殿・於北様、きた)は中野の箱山城主・高梨政頼の娘です。

井上城主・井上清政(井上次郎座衛門)の養女になってから、真田家の跡取りである真田信綱に嫁いだと推定されますが、正室ではなく側室であったとも考えられます。
ただし、真田信綱の妻は北殿しか確認できていません。
「小県郡御図帳」によると、北さま知行として合計13筆80貫文とあり、娘を1人産んだようです。

真田幸隆の死後、真田信綱は真田家当主として武田勝頼に従いましたが、長篠の戦いで、弟・真田昌輝と共に討死してしまいました。

真田信綱には、別の女性との間に設けたと考えられる、真田信興、真田信光の2人の子がいましたが、まだ幼かったようで、武田勝頼は真田家当主に真田昌幸を命じます。

 スポンサーリンク


真田信綱は「信綱寺」に弔むられ、北殿は、真田の里にある真田信綱の館で余生を過ごしたと言います。
真田家を継いだ真田昌幸の正室・山手殿は思いがけず、宗家の奥方となりましたが、戦国の習いとはいえ、北殿は対照的です。

北殿の娘は、のちに真田昌幸の嫡男・真田信之の正室に上がります。
しかし、のち徳川家康の養女・小松殿を正室に迎えたため、北殿の娘は側室に格下げとなりました。

真田信綱の館跡近くには、現在、廣山寺(広山寺)があり、そこに北殿の墓もあります。

高梨政頼と北信濃で君臨した高梨氏館跡~高梨頼親も

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

真田信繁 真田昌幸 小松姫と真田信之 豊臣秀吉 石田三成 淀殿 徳川家康 坂野惇子
戦国らいふ
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る